7月 2018Archive

ドラマ「サバイバル・ウェディング」の第2話の動画の感想

ドラマ「サバイバル・ウェディング」の第2話の動画の感想

「サバイバル・ウェディング」の第2話は、さやかが元婚約者の和也と一つのベッドで横たわっているシーンから始まります。
和也の浮気が原因で大喧嘩の末別れたものの、さやかは和也から言い寄られて断りきれず体を許してしまいました。
先日、宇佐美から「大切にされたかったら体を許すな」と言われたばかりだったのに簡単に元婚約者に体を許した自分が情けなくなり、ひとり足早にホテルを後にします。
その頃、宇佐美は新企画のサバイバルウェディングの担当主任編集者を吉沢亮にするか、恋人の多香子に任せるのかで頭を抱えていました。
宇佐美のビジネススタイルは、プライベートを仕事には持ち込まないというものですが、今回に限っては男性ベテラン記者よりも恋愛経験が豊富な多香子に任せる方が成功するのではないかと考えていました。
ひとり、オフィスでコーヒーを飲みながら悩んでいたところ、さやかが出社してきます。
いつも遅刻ばかりしている出来の悪い新人記者が、なぜ早朝出勤をしたのか注意深く観察した宇佐美はさやかの首元にキスマークを見つけ「あれほど忠告したのに」と言ってため息をつきます。
簡単に体を許す女ほど醜いものはないと一喝し、さやかは涙を流しながら元婚約者との過去をすべて打ち明けました。
結婚式の前日に浮気をされ、さらに欲望のままにまた体を求めて来る男との断ち切れない想いを抱え込んでいるさやかこそサバイバルウェディングの企画担当にピッタリだと宇佐美は閃き、その場で主任編集者に抜擢を決めました。
その日の午後、緊急ミーティングが開かれてさやかのサポートにはベテラン編集者の吉沢亮が付き新企画が発足しました。
ところが、宇佐美の恋人である多香子はこの人事採用に納得が出来ず宇佐美に詰め寄っていました。
なぜ出来の悪い新人記者に大役を任せたのか、今までの完璧主義者の宇佐美からは想像することも出来なかった為、二人はよからぬ関係になっているのではないかと邪推します。
2話の見どころは、心に傷を負っているさやかが初めて笑顔を見せるところです。
母親と共に夕食を食べながら笑顔で話をする無邪気な顔に、重いストーリー続きだったドラマに一筋の光が差し込みます。

ドラマ「サバイバル・ウェディング」の第1話の動画の感想

ドラマ「サバイバル・ウェディング」の第1話の動画の感想

主人公の波瑠が演じる出版社の女性編集者は、男性向けの雑誌でコーナーを任されそこそこ編集部内でも頼りにされていました。
長期間付き合ってきた風間俊介が演じる男性が、結婚の話をするとはぐらかされてきたため、このままじゃ結婚できない彼と結婚できないという焦りから、相手の承諾を無視して結婚式場を予約して勢いで結婚しようとします。
そして結婚式がまもなくで、男性雑誌の編集長にその勢いで退職届を出して辞めて編集部から花束をもらって、寿退社したんですがその当日に彼から別れを切り出されました。
結婚式場を予約や結婚式の準備のためにお金を使ってしまった事や普段から浪費癖のある主人公は、普段使ってきたお洒落なカフェで注文したら財布にお金が無くて、注文をキャンセルして今置かれている状況や結婚失敗を痛感しました。
勢いで会社に退職届を出した事を後悔して、昨日辞めた編集部に戻って取り消しをお願いしますが、既に自分より若い20代の入社したての新人が部に配属されていて、アルバイトでも何でもやるから働かして欲しいと泣きつきますが断られました。
落胆して建物を出た後で先ほどの編集長から電話が掛かって来て急いで戻ったら、その出版社で一番人気がある女性ファッション誌のカリスマ編集長から、雇いたいという紹介だったので嬉しさと興奮で舞い上がりました。
でも実際にそのカリスマ編集長に会って話を聞いたら、条件が厳しくて一定期間内に誰でもいいので男性と結婚する事が正式採用の条件でした。
まだ彼にふられてすぐのショックもあり主人公は断ろうと思いましたが、何でもやると言ってしまった手前上しぶしぶ了承しました。
男性なら誰でも良かったんですが、やはり彼に事が忘れられなかったので彼と寄りを戻したいとカリスマ編集長に伝えると面白がって、恋愛レクチャーで言う通りに行動するように命令されてその命令を破ったら即刻クビだと脅されました。
第1話の見どころはカリスマ編集長との出会いと、その編集長の無理難題に振り回される主人公の戸惑いと葛藤シーンの連続にあり、これから主人公がどうなるのか見逃せないです。